TOP | 施工例 | 小さな家で豊かに暮らす | 子育て世代。33坪、究極の1LDKの家/浜松市

子育て世代。33坪、究極の1LDKの家/浜松市

小さな家は家全体をふるに使う。ぐるりと回れる間取りは面白くて効率がいい!
ダイニングと座のリビングが庭に面している気持ちのよいプラン!

南北に長い敷地に建つ家の北側の寒さを緩和する「びおソーラー」を搭載しています。

玄関に大胆なFIX(はめ殺し)窓。解放感ある玄関になります  

造作玄関収納。いちばん端っこは傘立て。側面板なしで下は通気のため抜けています
  

内側から取れる郵便受け。手すり代わりになる飾り棚も造ってみました

 

既成のI型キッチン壁付けタイプを対面式に配置。手元を隠す囲いを造っています

既成のミラー、洗面台に造作でひと手間。タイルと棚で素敵な洗面ルームに

キッチン背面収納棚。上段の奥行きが浅い棚にすると使いやすい棚に

 
 
 

洗面、洗濯、脱衣所と機能を分離させました

緩やかで段数の少ない階段。上部3段は遊び心で

吊戸棚は実用性とインテリアを兼ねて

 
 
 

和室を座のリビング(居間)として使う暮らし方

 
リビングの一角にコーナー的に畳を取り入れることは難しいことではありませんが、建具付きの独立した和室となると話は別。小さな家では設計者の頭を悩ませます。全体の広さに占める割合を考えると、他の領域が圧迫されてしまうからです。1階には、キッチンや洗面、風呂場、リビング等とふつう2階では都合の悪いものがあるからです。しかしこの和室を居間として普段使いし、客間として使いたい時にはきっちりと仕切れるようにしておけば、他スペースを圧迫することなく叶えることができます。完全な客間にして使用頻度の低い部屋にしてしまうより、普段は開け放っておいてリビングとして広く使うことができる和室、いかがでしょうか?
 

建具を引込むとLDKが一体になります。床面もフラット

建具を閉めると、多少の音は聞こえなくなります

設計より

 
南北に長い≒64坪の敷地(南面道路)にAさんご夫婦とお子さん(男の子+女の子)の家を計画しました。南面道路なので、日当たりは抜群です。ただ、通りから暮らし丸見えは避けたいです。なるべく、建物を北側に寄せて、駐車スペースを確保し、木塀をたてて・・・。1Fのキッチンダイニング・和リビングは外を感じて生活ができる贅沢な空間です。2Fは、室内洗濯物干しスペース・書斎・お子さんスペースがワンルームの中に絶妙に仕切られています。特に書斎のブルーグレーのアールの壁面は必見ですよ!!南北に長い建物なので、冬は北側が冷えます。南北の温度差を緩和しようと“びおソーラー”を搭載しています。北側にある、洗面室・脱衣室が少しでも暖かくなりますように。“びおソーラー”の集熱効率のため、集熱パネルがのっかる部分だけ屋根をピュッとあげています。これにより、ロフトの天井も確保できますし、体積も最小限に抑えられるので、熱的効率も高まります。変な屋根の形はちゃんと意味があるのです! 駐車スペースの西側には、自転車置き場を兼ねた外物置があります。庭いじりもこれで楽チン!これもいりまさ施工です。家全体の雰囲気も調和されていい感じにまとまりました。     

                                              設計/新野恵一

南北に長い敷地。外物置、駐車場、庭を含む敷地全体を計画

山の別荘のような玄関。杉板鎧張りの壁が赤い引き戸を引き立てています。

〒432-8006 静岡県浜松市西区大久保町6628-1
TEL:053-485-0848 FAX:053-485-4918
営業時間:月~土曜日 8:00~17:00
<定休:日曜・祝日>
施工対応エリア:湖西・浜松・磐田・袋井・掛川
 
E-mail:info@irimasa.net
 
 
 
 
 
 
Copyright(C) IRIMASA. All Rights Reserved.