TOP | 施工例 | リフォームの仕事 | 築15年目のリフォーム

築15年目のリフォーム

あれから15年、建物も家族の状況も変わりました 

 
建売で購入してから15年余り、年々暮らしにくさを感じるようになっていたO様邸。家中のクロスに浮き、剥がれが現われ、浴室の設備機器が不調や故障を起こしはじめていました。今ではお子様も成長され個室がもうひとつ必要になりました。また、時代の変化に伴いオール電化を選択。
一般的にも築10~15年にかけては、住まいの各部位のメンテナンスが必要になります。水回り、居室、外観のメンテナンス工事とともに、ご家族で今後の暮らし方を考え快適性を点検しておくことが大切な時期になります。

リフォーム前

 

リフォーム前の吹抜け

ご主人のリフォーム希望リスト 

あらかじめ場所、問題点、希望をご主人がリストにきっちりまとめられていました。この箇所をメインに家全体をプロの目で調査しました。見積りには、要望を踏まえながら補修箇所を加えました。既にご家族で考えが一致されていて助かります。

予算の中で自由に選んで!ただし、優先順位を考えて。

設備機器については、あらかじめ予算を割り当てておき、お客様にショールームに出向いていただきました。金額の過不足分は、O様側で調整していただくようにしました。(ショールームには最新の素敵な設備が揃っています。予算を決めずにショールームに行ってしまうと思わぬ大出費になるかもしれません)

リフォーム希望リスト(ご主人作成)

浴室はすっぽりユニットごと交換で

浴室は使用頻度が高く湿気が多い所。そのため傷みも大きいのが特徴です。浴室設備機器の更新も15年くらいが目安になります。この時期には浴室全体のリフォームを行っておくことをお奨めします。傷んだ箇所を放置しておくと、その後土台自体が腐食して後々の対応が大変になってしまうことがあります。将来のことも考慮してバリアフリーにしておくとよいでしょう。
問題点!・自動焚き故障 ・タイル剝がれ ・窓際が寒い ・窓の防犯面が心配
<ユニットバス交換><窓ガラスをインセントで交換・・・・外壁をキズ付けずに既存の窓枠を残して施工する方法。大がかりにならずに交換可能>

リフォーム前

リフォーム後

使いやすい洗面所にするにはもうひとひねり

ドアを引き戸にしたことで開きスペースが不要になり、洗面所内スペースが有効に使えるようになりました。廊下をつぶし、半畳分洗面所を広げたので、キッチンに置いてあった洗濯機を入れ込むことが出来ました。洗面脱衣の機能がここにまとまりました。浴室出入口はバスマット等で対応していても床が腐りやすい所。耐水性があり手入れがしやすいビニルクッションフロアにしました。
修繕だけでなく、間取りを少し改善すると暮らし心地がずいぶんアップして、家族が気持ちよく使えるようになります。

このように改修

浴室出入口付近の床が腐ってぶかぶかしている

吹抜けを無くす[吹抜けをふさぐ]

吹抜けの良い所は、天井が高く解放感があり明るいこと。しかし、その明るさが高所にある窓からだとすると、その窓は掃除がめったにできない開かない窓となっていませんか?このような状態が続くと、空気循環がうまく行われず、この域は結露しやすくなり年月と共にクロスのシミ・汚れが加速。この対策としては窓を二重サッシにすることやシーリングファンを取り付ける等があります。メンテナンスができない吹抜け、寒い吹抜けなど有効に使えていない吹抜けはいかがなものでしょうか?
 
O様邸では子供室がもう一部屋必要になりました。入居時には必要なかった部屋も足りなくなることがあります。その際もし吹抜けがあれば、その有効性を家族で話し合ってみてください。一部屋増やすことに吹抜けを使えば、増築よりも費用を抑えられるからです。
問題点! ・吹抜け壁紙の浮き、剥がれ ・高所のため電燈交換が出来ない ・高窓が開けれない
<玄関吹抜けに床を貼り個室確保(約3畳)><吹抜け上部の開けられない窓をインセントで交換><ポリカーボネートで三枚の仕切りを造作>

この部分吹抜けでした。個室の出来上がり!

開けておくと広々!

庭を活かして暮らしを愉しもう

最近では、新築、建替えに伴いウッドデッキを計画する方が増えています。デッキ空間はリビングにつなげて作られることが多く、もうひとつのリビングとして暮らしにくつろぎや潤いを与えてくれます。
 
問題点! ・広い庭が十分に活用できていない  ・庭にはほとんど出ない  ・洗濯物が干しにくい(窓からほしているので)  ・枯れ木がある 
<デッキ造作><枯れた垣根の植替え><暮らしに潤いを与える木を植える><芝生スペースを縮小して手入れを軽減>
 
O様の庭は陽当たりよく十分な広さがあります。庭に出ず家の中だけで生活するのはもったいないことです。内と外をつなぐデッキを造ることで外に出やすくなるでしょう。ご主人希望のBBQが出来る環境が整いました。掃出し窓とデッキには段差がないので洗濯物も容易に干しに行けます。

リフォーム前

リフォーム後

リフォーム前

リフォーム後

〒432-8006 静岡県浜松市西区大久保町6628-1
TEL:053-485-0848 FAX:053-485-4918
営業時間:月~土曜日 8:00~17:00
<定休:日曜・祝日>
E-mail:info@irimasa.net
 
 
 
 
 
 
Copyright(C) IRIMASA. All Rights Reserved.