TOP | 住まいのつくり方 | 小さな家で豊かに暮らす

小さな家で、豊かに暮らす。
大切なものを凝縮する住まい。

住まいの心地よさは、坪数や部屋の大きさ、建物の面積で決まるのではありません。大きな家だからといって、広く快適に使える住まいになるとは限りません。住まいは身の丈に合ったものである必要があります。本来考えなければならないのは住まい手の暮らしに合ったちょうどよい広さや空間です。家そのものを大きくするより、敷地内の空間をなるべく大きくとり、家の外と内をつなぐ部分を意識すると、住まいの心地良さはずいぶんと変わります。構造は力強く整理して強固なものに、内部は、動線や視線の抜け、風の通り、太陽の光を上手に導く。収納の工夫や、建具をうまく使うことで、小さくても暮らしの必要を詰め込んだ豊かな空間を実現することができます。また、内部を小さくすることで、つくる時のコストや利用エネルギー消費が格段と少なくなります。外を意識することで、周辺の自然環境や四季の移ろいと建物に一体感が生まれ、今まで気づかなかった自然とのつながりを感じることができます。本当に住まいに必要なものは何か、日々の暮らしの豊かさとは何か、それは気候風土に合わせ、自然をうまく取り込むことにあります。小さく建てて、豊かに暮らす。私たちは、住まいのひとつの答えがそこにあると思います。

家族が出入りする玄関と、車が出入りする駐車スペースを快適さの上できっちり分けながら、利便性も考慮した動線がポイント。室内を人がどう動き、どうくつろぐのか。住まい手の日常を想定した設計を心がけています。庭に抜けた視界は、リビングに心地よさをもたらすだけでなく、スペース以上の広さを感じるメリットも。

〒432-8006 静岡県浜松市西区大久保町6628-1
TEL:053-485-0848 FAX:053-485-4918
営業時間:月~土曜日 8:00~17:00
<定休:日曜・祝日>
E-mail:info@irimasa.net
 
 
 
 
 
 
Copyright(C) IRIMASA. All Rights Reserved.