TOP | 住まいのつくり方 | ZEHモニター住宅募集

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)
モニター住宅を募集!
 

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスのモニター住宅を募集しています。
興味のある方、話を聞いてみたいという方は、お気軽にお問い合わせください。ゼロエネルギー(ZEH)住宅を実現するメリットやパッシブデザインについて、住宅のプロがわかりやすく説明いたします。
 

お問い合わせフリーダイヤル
0120-307-103 

パッシブデザインの3つのポイント

 

  1. 地域の気象と立地条件をしっかりと把握したうえで、外壁・床・天井などの住宅外皮と開口部の断熱性能を高め、開口部に関してはバランスのとれた日射遮蔽(夏)と日射取得性能(冬)を確保した計画をすること。
  2. 冷暖房・給湯・照明・換気などの設備機器の高効率化を図り、その住宅で必要とする負荷に応じた適切な容量の設備機器を選択すること。
  3. 「節約」や「がまん」で省エネルギー化を図るのではなく、これまでの暮らし方・住まい方を大きく変えずに、また、住まい手に過度なコスト負担を求めず、「心地よく」「住宅も住居者も健やかに暮らす」ことができること。

省エネルギー性能を数値で確かめる

 
熱的境界になる外壁・床・天井・屋根・窓・ドアなど外皮の熱性能は、外皮平均熱貫流率UA値(家全体の熱の通しやすさを表す数値で、数値が小さいほど断熱性能が高い)と冷房期の日射遮蔽性能(単位日射強度あたりの日射により住宅内部に取得する熱量)で評価されます。
UA値が大きいと家の中の寒暖差が大きくなり、急激な温度変化による失神や心筋梗塞、脳梗塞などの悪影響(ヒートショック)が起こりやすくなります。入政建築では熱損失計算シートを作成し、予算内での最適な断熱材・開口部の提案をしています。
 
 

外皮熱性能の評価指数一覧

外皮性能は地域別で下記の基準値以下である事が必須です。
各地域は都道府県を基準に市町村別に細かく区分されています。
※静岡県の地域区分は5・6地域

ZEH-ゼッチ-(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?

 
快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率設備によりできる限りの省エネルギーに努め、太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、1年間で消費する旧宅のエネルギー量が正味(ネット)で概ねゼロ以下となる住宅のこと。躯体の高断熱化と設備の高効率化により、省エネ基準(平成25年度基準)よりも20%以上の省エネをZEH-ゼッチ-基準として設定しています。
我が国の「エネルギー基本計画(2014年4月閣議決定)」において、2020年までに標準的な新築住宅でZEHの実現、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指します。
入政建築はZEHビルダーに登録されています。 ZEHビルダー登録番号:ZEH28B-02012-C
 

 

エネルギーを創る次世代ソーラーシステム「そよ風」

「そよ風」は、年間を通じて心地よい温熱環境をつくりだす空気集熱式のソーラーシステムです。冬は屋根面で集めた太陽の熱を床下に貯え、床暖房として利用。夏には放射冷却で冷やした空気を室内に取りいれて朝夕の温度差を少なくします。太陽光発電と太陽熱利用の両方を行うときは、屋根葺き材であると同時に太陽光発電とそよ風の集熱面でもある「そよルーフ」を使用します。

〒432-8006 静岡県浜松市西区大久保町6628-1
TEL:053-485-0848 FAX:053-485-4918
営業時間:月~土曜日 8:00~17:00
<定休:日曜・祝日>
E-mail:info@irimasa.net
 
 
 
 
 
 
Copyright(C) IRIMASA. All Rights Reserved.