入政建築 ZEH

HOME > ZEH

ZEH

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス 
光熱費0(ゼロ)の家

政府は2020年までにZEHを標準的な新築住宅にすることを目標に掲げています。既に大手ハウスメーカーなどで普及し始めて要るZEHですが、経済産業省が平成27年12月に打ち出した、ZEHの定義・評価方法、ZEHの普及政策明確化により、今後より加速してくるものと考えられます。
ZEHとは・・・
Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。通称「ゼッチ」。住宅の断熱性能や設備の省エネ性能向上、再生可能エネルギー活用などにより、自宅で消費する年間の一次エネルギー(※)消費量より、自宅で創る太陽光発電のエネルギー量が上回る、もしくはその差がゼロになる住宅のことをいいます。

ZEH計算式イラスト.jpg

(※)一次エネルギー
石油・天然ガスなどの化石燃料や水力、太陽エネルギーなど、自然界に存在する物から得るエネルギー。


ZEH(高断熱外皮)にするメリット!
 1.光熱費削減
 2.エネルギー自立による防災性能の向上
 3.快適性、健康性の向上

弊社は2020年度までのZEH普及率の目標を以下の通りとし、ZEH基準の住まいの普及に努めます。
【2016年度16%、2017年度20%、2018年度30%、2019年度40%、2020年度50%】
入政建築ZEHビルダー登録番号:ZEH28B-02012-C

ZEHエネルギー量の違い表.jpgZEHに必要なのは、
「高断熱外皮」・「高効率省エネ設備」
・「創エネ設備」の3つ

ZEHは、建物自体の断熱性能を向上させ、消費するエネルギーを大幅に抑えると同時に、省エネ性能の高い設備機器をとり入れ、更に太陽光発電などによって電力を創り出す必要があります(一般住宅の場合には、右図のように使用仕様エネルギーが多いためエネルギーも多く要ります)。
ZEHには、家全体の断熱を表すU値が決め手となります、断熱性能を高めて消費エネルギーを削減します。

値・・・外皮平均熱貫流率


ZEHはどこで建てるの?工務店とハウスメーカーの相違
ZEHはどこで建てる?表.jpg

ページの先頭へ