入政建築 施工例 神ヶ谷町の家・・・やんちゃなお子様がのびのび育つ

HOME > 施工例 > 施工例009 神ヶ谷町の家・・・やんちゃなお子様がのびのび育つ

太陽光発電+オール電化で
エコノミー、エコロジーな暮らし

必要なもの、そうでもないもの。考え抜いた優先順位でかなえた、
子育て世代のお住まいです
限りある予算の中で、何を優先して何を省くのか?家造りの計画を始めると、実に多くの方がその選択に迫られます。しかし、どういう暮らしがしたいのかと考えてみると答えは出て来るものです。



DSC05510-1.jpg建物データ
敷地面積 339.86平方メートル
延床面積 96.06平方メートル(29坪)、 ロフト7.43平方メートル(2.25坪)除く
竣工年月 2013年9月
工  法 木造軸組工法

東側外観。 シャープな片流れの屋根おうちにピッタリ、低めの木製建具オープンな靴収納。隠したい場合は、天井からロールスクリーンやカーテンを取り付けるといいですね振り返ると収納のあるキッチン。食品庫もありますキッチンの東には朝陽の入るダイニングスペース回遊できる真ん中キッチン。この形ならキッチンが丸見えになりません2Fキッズルームとつながるリビングの吹抜けお子様が小さなうちは広々使って、時期が来たら仕切ってもよいでしょう南正面の外観は平屋にも見えます ( デッキと塀の設置前)木材利用ポイント即時交換を利用してデッキと塀を造りました

太陽光発電、オール電化の話

最近では低価格で購入できるようになってきたことに加えて、温暖化現象や原発問題の影響から太陽光発電の必要性が高まってきています。初期費用という点で考えると、今年度は政府が補助金という形で太陽光発電の推進をしているので数年前までに比べると格段と安くなっているようです。
そこでまず、太陽光発電導入を検討している人たちの多くが気にしているのは、どれくらいで元が取れるのか(売電で初期費用が回収できるか)ということでしょう。現在では10年で元が取れると言われていますが、各社のソーラーシステムによって発電量が大きく変わりますので絶対に得をするとは一概に言い切れないのが実情です。また、太陽光発電のメリット・デメリットとうい点で見ていくと今年度はデメリットの方が小さくなっているように思います。

しかし、導入する際に大事なことは、ソーラーパネル事態と家の形状と向きなのです。また、導入する時期によっては補助金が少なかったりということがあり、太陽光発電そのものではなく導入する経緯や状況によるようなのです。このまま太陽光発電が推進されていけば、じきに補助金はなくなるでしょうし、売電単価も徐々に見直されて下がってきています。つまり、太陽光発電導入を検討するのなら急いだ方がよいということになるでしょう。
また、オール電化住宅にするには、エコキュート本体やIHクッキングヒーター本体の購入が必要になります。これにも補助金制度やオール電化住宅割引などがあります。ランニングコストについては、ガスの基本料金がかからない分お得になります(電気には、オール電化専用の価格形態があり、深夜の格安料金で給湯を賄うことができます)。

暮らし始めてみて・・・・施主様より
小さいながらも、そう小さく感じさせない住み心地は言われた通りでした。LDKの配置や収納のとり方等はアドバイス通りにして良かったです。
ただ、LDKの明るさについては、もう少し明るく自然光が入るようにしたかったです。子供が小さいのであえての暗さよりも、しっかりとした明るさが必要だと感じます。
入政さんは、住み心地はどうか等、ちょくちょく来てくれるのでありがたいです。

IMG_0927.JPG

主寝室の収納は一間半の押入れ。1間半を半分にして押入れとクローゼットにしています(画像はクローゼット部分を開いています)。2枚の吊り戸を片方に寄せると、どちらも全開になります。押入れの幅も広いので布団の出し入れもしやすい。

DSCN8079-1.jpg

シンク前は30センチ立ち上がりをつけました。リビングから調理中の手元が見えません。万が一、シンクに洗い物がたまっていてもこれなら大丈夫。

DSCN8059.JPG

家事動線の延長、西側には屋根付き物干しスペースを造りました。
裏戸からデッキへ出る予定。デッキは施主さんの後工事なのでまだ付いていません。

DSCN8081.JPG

換気扇の向こうをぐるりと回れます。行き止まらないので、忙しい朝も家族がぶつかりません。ダイニング、キッチン、水回り、洗濯物干し場まで家事動線が直線です。換気扇のダクトは露出させています。あえて隠さず、オブジェのように見えませんか?

DSCN8085.JPG

棚横の引き戸を棚側にスライドすると、階段下利用の物置が現れます。また、この棚は可動もするのでリビング収納として便利です。

R0014137-1.jpg

ダイニング横の勝手口前に食品庫スペースを設けました。ほんの1畳分の広さですが、キッチン収納に入りきらない物がざくっと置けます。特に、キレイにしておきたいオープンタイプのキッチンに食品庫は便利です。引き戸で閉めることができますので、勝手口も丸見えになりません。

DSC05506-2.jpg2017.4 OB宅見学会にご協力いただきました!
家事動線が良いF様邸。キッチンは家の真ん中で、ぐるりとまわれる配置。回遊できる間取りは行き止まりがないので、小さな家には◎。朝の混雑時にも家族の流れがスムーズ!  (写真の中央が奥さま)