入政建築 施工例 リフォーム 築15年リフォーム

HOME > 施工例 > 施工例 リフォーム003

築15年リフォーム

メンテナンスと今後の暮らし方

建売で購入してから15年余り、年々暮らしにくさを感じるようになっていたO様邸。家中のクロスに浮き、剥がれが現われ、浴室の設備機器が不調や故障を起こしはじめていました。今ではお子様も成長されて独立した部屋がひとつ必要になったのです。
また、時代の変化に伴いオール電化という選択もされました。
一般的にも築10~15年にかけては、住まいの各部位のメンテナンスが必要になります。水回り、居室、外観のメンテナンス工事とともに、ご家族で今後の暮らし方を考え快適性を点検しておくことが大切な時期になります。





1011025 033.jpg外観1011025 022.jpg玄関の吹抜け

ご主人のリフォーム希望リスト

DSCN6728.JPGあらかじめ場所、問題点、希望をご主人がリストにきっちりまとめられていましたので、この箇所をメインに家全体をプロの目で調査しました。見積りには、要望を踏まえながら補修箇所を加えました。既にご家族で考えが一致されていて助かります。

予算の中で自由に選んで!ただし、優先順位を考えて。

設備機器については、あらかじめ予算を割り当てておき、お客様に
ショールームに出向いていただきました。金額の過不足分は、O様
側で調整していただくようにしました。
(ショールームには最新の素敵な設備が揃っています。予算を決めずに
ショールームに行ってしまうと思わぬ大出費になるかもしれません)

web-1.jpg

web-2.jpg