入政建築 施工例 リフォーム  築24年若い住まい手の大改修

HOME > 施工例 > 施工例 リフォーム007

築24年、若い住まい手の大改修

平屋47坪の家、全体に断熱改修、新築並みのリフォーム。

もともとお祖母さんが住んでいた空き家を孫夫婦が譲り受けました。建物はきちんと手を入れられており、そのままでも充分住める状況でしたが、この広くて寒い家を入居を機に一新したいとの意向でした。今後長く住んでもらうために、若い夫婦が暮らしやすいよう、水廻りから新しくしています。建物全体に断熱改修を行い、新築のように快適に暮らせるようになりました。


IMG_3219.JPG改修前DSC00495.JPGリフォーム後

キッチンは夫婦で仲良く立てる広さにしたい
IMG_2938-1.jpgもとのキッチンと同じ向きですが、設備を総入替。夫婦で同時に使うことを考えたスペース取りや動線を意識してプランしました。いちばんプランが難航したところですが、お互いが気持ちよく腕を振るえるキッチンが完成したと思います。作業する雑多な手元を隠しながらも、テーブル座る人とコミュニケーションがとれる対面キッチン。キッチン背面は、造作で「見せる楽しさ」と「充分な収納」を叶えました。IMG_3209-2.gif改修前

6人用のダイニングテーブルは、24年前新築時からここにあるもの。天板は大工が磨きをかけ、長年の仕様によるシミもきれいさっぱり。名作と言われるYチェアも座面のペーパーコードを貼り直して再生されています。



リビングには開放的な窓、木製窓「プロファイルウィンドー」
IMG_2957-1.jpg南に開放的なスペース取り。エンジ色のプロファイルウィンドーが映える南側の腰窓だった窓は掃出し窓に変更し、大きな木製デッキを取り付けました。通りから洗濯物干場が見えないように高めの板塀を設けています。リビングでゴロゴロするにもカーテン要らずです。外との距離が縮まるように、玄関脇に降りられる小さな階段も作りました。
DSCN9904.JPG床にレールがない吊り戸。軽いですそして、ダイニングとの仕切りに、新たにポリカーボネートの造作建具を追加しました。要所要所の仕切りは少し贅沢な気もしますが、広い家なだけに冷暖房効率を考えると大切です。
IMG_3208-1.jpg

洗面・バス・トイレのリフォーム
IMG_2966 (2)-1.jpgIMG_2970 (2).JPG北側に位置する冬に寒い水廻りは、家全体に施した断熱改修と無垢の床、漆喰の壁で見た目にも暖かな印象になりました。IMG_2972.JPG
トイレの手洗い場は、鍼灸院を開業する予定の奥様のために、患者さんも使用すことを考慮し、大きめにし十分な収納を付けました。
また、在来工法のお風呂場は、手入れのしやすいユニットバスへ交換しました。




≪灯りのはなし≫_mg_1862.jpg_mg_1823.jpg
入政建築では、家の灯りに電球色(暖かみのある落ち着いた光)を使用しています。点灯すると色温度が高く暖かい雰囲気になります。漆喰や珪藻土の壁に灯りがやわらかく当たるので、心地良さを感じる空間になります。一般的にリラックスしたい時や場所に使われる光の色です。
これについては、新築の場合も共通で、「照明は控えめにシンプルに」というのが基本的な考えです。私たちが使う多くはダウンライトなので、完成見学会では暗めでは?(照明が足りないのでは?)と言われることもありますが、敢えてそうしています。それは、暮らしの中で必要だと感じる(読書をする時や手元で作業をしたい)時に、最適な照明(デスクライトやスタンドライト)を足していってほしいからです。また入居前よりも、暮らしてみてからの方がより最適な灯りの種類が選べるとも思っています。

☆今ある電球(白や青白い色)を、この電球色へ交換するだけでも、ずいぶん雰囲気が変わります。


N様邸の小さな見どころ

DSCN9890.JPG

洗面台の下の棚を造作。トイレットペーパーなど大きなものもストックできます。日常使いの小物もすっきり片付きます

IMG_2976 (2).JPG

飾ることを意識した壁付けの棚。後付けではこういう付け方は出来ません

DSCN9914.JPG

キッチンには耐水性のあるコルクを敷き詰めました。暖かく適度なクッション性もあります

DSCN9887.JPG

経年変化で濃い木色になっている味わいのある天井と手すり。壁は漆喰、床は無垢カラマツ

DSCN9908.JPG

下駄箱の扉はシナ合板で作成。枠は元のままです

IMG_2964 (2)-1.jpg

以前、納戸のように使われていたところは、ウォークインクローゼットへ変更

<改修するところ、しないところの話>IMG_2960.JPGIMG_2972 (2)-1.jpg
N様邸は和室二間を囲ようにぐるりと廊下がまわり、その外側で日常生活が機能する間取り。今後も法事などで親戚が集まることを想定し、中央の仏間・客間は一切手を付けていません。お祖母さんが暮らした頃のままの状態を残すことで懐かしい思い出を保存でき、かつ費用を抑えることもできました。

DSC00531.JPG平成3年 新築当時(入政建築施工)DSC00492.JPG平成27年 大改修完了